オリジナルのサッカーユニフォームのオーダー方法

サッカーチームを作るときにはサッカーユニフォームとしてオリジナルのものを作りたいと考えるでしょう。オーダーするときにはどのようにして作りたいかを予め考えておくことが大切です。選べる選択肢はたくさんあります。

まずは全体の仕様を考える

サッカーユニフォームを作るときには仕様をよく考えることが必要です。サッカーチームを作るときにそのユニフォームに何を求めるかは熟慮した方が良いでしょう。ただ統一した服を着て活動できるようにしたいのか、公式戦に出て遜色ない仕様にするのかによって求めるものが異なるからです。特に大きな違いをもたらすのが背中に入れる名前と背番号であり、個々に決める必要があるかどうかでオーダーの仕方が変わります。番号だけは別々にする、番号と名前を対応させて作る、番号も名前も入れないという三つの選択肢が主なものになるでしょう。番号も名前も入れないのが最も安上がりになりますが、公式戦に出られない場合もあるので注意が必要です。

フルオーダーなら自由にデザイン可能

名前と番号について決めたら次に問題になるのがサッカーユニフォームのデザインです。デザインを全て自由に考えてフルオーダーすることもできます。ユニフォームの素材や形状についても自由に選ぶことができるでしょう。選べる選択肢は業者によって異なりますが、無地の既製品が出回っているものであればデザインのプリントに対応すれば良いだけなのでほとんどの業者が対応してくれます。それ以上にサイズや素材などを変更しようと思うと専門の業者でなければならず、費用も高額になりがちなので気をつけましょう。デザインに困ったときには相談にも応じてくれる業者が多いので、アドバイスを聞きながらデザインを決めると失敗が少なくなります。

カスタムオーダーで簡単に決定

サッカーユニフォームはメーカーによって提供されているカスタムデザインのものがあります。大枠の仕様が決まっていて各所の色の組み合わせを変更したり、チーム名などを入れるスペースが与えられている仕様のものでは自由な文字を入れたりしてオーダーすることが可能です。カスタムオーダーはオリジナルのサッカーユニフォームを作るのには手っ取り早い方法であり、フルオーダーに比べると安く済むのもメリットになります。カラーバリエーションが豊富なことに加えて、シルエットの変更や首周りなどの形状の変更にもオプションで対応してくれる場合が多いので、組み合わせ次第で他のチームと仕様が重なってしまうことはあまりなくなるでしょう。